ニキビ跡に効くコンシーラー

ニキビ跡に効くコンシーラー

ニキビを長い間放っておき、ケアを怠ったりすると、ニキビそのものが治るまでに
長い時間がかかるばかりでなく、ニキビ跡として残ってしまうことがあります。

 

ニキビ跡には、お肌が薄い茶色に色素沈着してしまうものや、クレーターのように
お肌表面に凸凹で出来てしまうものなど、元のニキビの状態によってさまざまです。

 

薄い茶色のニキビ跡が残ってしまった場合には、日中はシミを悪化させる紫外線から
お肌を守るようなコンシーラーやベースアイテムでその部分を保護するようにします。

 

同時にビタミンCなどの美白成分を取るようにして改善していきますが、
多くの場合は半年以上、長くなると数年かかってしまいます。

 

凸凹になってしまったニキビ跡は、
メイクで隠すのはなかなか難しいのが現状です。

 

凸凹のニキビはニキビ部分に影が出来てしまうため、ファンデーションといった
アイテムで隠すとなると、かなりの厚塗りをしなければなりません。

 

凸凹のニキビ跡を隠す時に使用したいのが、
光を乱反射させて影を飛ばすタイプのコンシーラーです。

 

こういったコンシーラーでニキビ跡を隠しつつ、
皮膚科などに通い気長に治すようにしていきましょう。

 

色素沈着に比べ凸凹になったクレーターニキビ跡は、改善までに数年を要することも
珍しくはありませんので、じっくり取り組む今季が必要になります。

漫画で見る!ニキビケア