ニキビを悪化させないために

ニキビを悪化させないために

ニキビが出来てしまったときに、正しくケアを行わないといつまでもニキビは治りませんし、
最悪炎症をおこし、ニキビ跡をその後も長く残すことになります。

 

ニキビを悪化させないためには、ニキビが出来たときにニキビを潰したり、
芯を自分で取り出そうとする行為はしてはいけません。

 

ニキビを潰すことでお肌が傷ついてしまいますし、そこから雑菌が入ってしまえば
ニキビが治るどころかさらに酷い状況になってしまいます。

 

ニキビケア用の化粧水などを使用しても、
一向にニキビが改善されない場合は要注意です。

 

それは既に毛穴が塞がれてしまっているのかもしれません。

 

毛穴が塞がってしまっている状況では、いくらニキビに効果のある成分をつけたところで
毛穴の蓋にジャマされて、肝心のニキビ部分まで有効成分が届きません。

 

そしてその毛穴の奥には、ニキビを悪化させるという
悪玉皮脂が潜んでいるのです。

 

ニキビをケアするためには、毛穴周辺を柔らかくしてから、
有効成分を毛穴の奥深くに浸透させる必要があるということですね。

 

つまりニキビケアの場合には、ニキビ部分以外には
ニキビ専用のアイテムを使用する必要がない場合もあります。

 

勿論お顔全体に使っても、
ニキビの予防になるので問題はありません。

漫画で見る!ニキビケア