思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビに比べて、大人ニキビは治りにくいといわれています。

 

思春期ニキビは過剰な皮脂分泌から出来るものですが、これは年齢とともに
次第におさまってくるものなので、少しずつ改善に向かってゆくことでしょう。

 

ただしニキビを気にするあまり、
潰して芯を取り出してしまうといったことは避けてください。

 

皮膚科で施術を受けるならば問題はありませんが、私たちがこれを行おうとすると
どうしても皮膚そのものを傷つけてしまい、炎症になってしまいかねません。

 

思春期ニキビに対して大人ニキビが治りにくいのには、
スキンケア用品の選び方に問題があることが多いようですね。

 

ニキビが出来る原因が皮脂過剰であると思い込んでいるばかりに、
さっぱりタイプの化粧水の使用を続けているとさらにニキビは酷くなってしまいます。

 

大人ニキビの原因の多くは乾燥です。

 

乾燥によって毛穴が細くなり、詰まりやすくなるためにニキビが出来るので、
この場合には保湿を念入りに行うということが、改善への近道になります。

 

大人ニキビは繰り返しやすいと言われていますが、乾燥を改善できるような
アイテムの使用を続けていけば、ニキビは次第に出来にくくなってくることでしょう。

 

ニキビ跡が出来ないように注意を払いながら治したいときには、
ビタミンCなどが配合されたニキビケア用の化粧品を選ぶようにしてください。

漫画で見る!ニキビケア