皮膚科の薬はニキビに効果がない・・?!

皮膚科の薬はニキビに効果がない・・?!

ニキビに悩みに悩んで、思い切って皮膚科を受診する人もいるでしょう。
皮膚科に行くとニキビが必ず治る、そう信じて皆さん通うと思うのですが、それでもなかなか治らない場合もあるようなんです。。

 

皮膚科での治療は、内服薬・外用薬です。
比較的軽度の場合は、塗り薬やビタミン剤など。ひどい場合は、抗生物質の内服、漢方薬などが処方されるのが一般的です。洗顔の石鹸なども処方される場合があるようです。

 

しかし、これらの治療が解決に繋がらないケースもあるようなんですね^^;
ニキビを早く治したいから行ったのに解決しないのでは困りますよね。

 

皮膚科の塗り薬、飲み薬の中には副作用があったりします。抗生剤などは耐性菌のこともありますし、むやみに飲みたくない薬です。

 

ビタミン剤に関しては、体内に吸収される量は少ないですし。外用薬は、お肌に塗ると肌が乾燥して逆に荒れるなどのトラブルを起こすことがあったりします。

 

そして一番怖いのは、皮膚科の薬をやめるとニキビがぶり返すなどの悪循環に陥る場合も多いということです。ニキビを皮膚科で直した方もいますが、まずはスキンケアで根本的に解決していくことが重要です^^

 

生活習慣、スキンケアの見直しは必須です。とくにスキンケアはとても大切なので、今お使いの化粧水などを見直してみてくださいね。ニキビのできやすいお肌、できているお肌にはニキビ肌専用のニキビケア化粧品を使いましょう。

 

社会人になってからニキビに悩まされることが多くなり、ニキビがよくできるとか繰り返すようになったという人が増えています。

 

そんな人は皮膚科に通うと思いますが、それでも治らない場合、ニキビケア化粧品がおすすめです^^できたニキビの炎症を抑えるだけでなく、ニキビが出来やすい肌そのものを改善していってくれますよ。ニキビのできやすい敏感になっているお肌を優しくいたわってくれます。

 

お肌のうるおい不足もニキビにとってはよくありません。一見オイリー肌に見えても、実は乾燥している状態の時もあります。

 

そして、お使いになる基礎化粧品肌の成分にも気をつけましょう。

 

できればオイル不使用、防腐剤不使用、香料不使用などの自然派なニキビケア化粧品を使うようにしたいものですね。

 

ニキビ肌に油分を与えると毛穴をさらに詰まらせてしまいますし、ニキビ悪化の原因に。
お肌を優しく潤してくれて、ニキビを根本的に治していってくれる、そんなニキビケア化粧品を使うようにしてみましょう!

漫画で見る!ニキビケア